コードを一行も書いたことないのに外資系の自社開発企業に入った私が描く理想のエンジニア像

キャリア

これからエンジニアを目指す人、また既にエンジニアとしてキャリアを進めている人も、こんな質問が来た時、どう答えますか?

「どんなエンジニアになりたいですか?」

人それぞれいろんな考え・夢があると思います。私にもおぼろげながら理想像があります。
今回は「技術的」なことは一切話しません。
技術以外の面で、「私が理想とするエンジニア像」という視点を軸に、これからエンジニア・フリーランスを目指す人と共有したいことを書いていきます。

この記事で伝えられるかもしれないこと

将来こう考えている人には少しはタメになるかなと思っています。

転職活動をしていく上で、少しでもアドバンテージが欲しい
フリーランスや起業など、新たなステージにステップアップしていきたい

いつの時代も人との縁

人生を生きていく上では人脈ないし人とのつながりは一番大切です。
他者との関わりで、自身は成長していきますし、困った時は何かと助けになるからです。皆さんもそんな経験ありませんか?
私がエンジニアとしての道を歩めることができたのは、この人脈のおかげでした。
私は人脈のおかげで「コードを一行も書いたことないのに外資系の自社開発企業に入ってしまった人間」なのです。

不本意ながら、コードを必死に書いてエンジニアを目指している人を敵に回すような経歴になってしまってますが、それが叶ってしまう可能性が出るくらい「人脈」は大切だと私が実感しています。

私はどうやってエンジニアへの第一歩を進めたのか?

私は、中国留学しているときの友人の紹介から、現CEOと知り合いました。
エンジニアへの転職を考えていると何気なく話すと、「うちで勉強しながら働いてみる?」と持ちかけられました。まさにチャンスは突然降ってきました。
「こんなうまい話があるか? なんか騙されてないか?」と不安にもなりましたが、しっかり自分がやるであろう仕事の説明もしてもらえたり、仕事風景や内容も見せてもらえました。元々はプログラミングスクールに通うつもりでしたが、思い切って飛び込みました。
今ではPHP,Pythonを業務で主に書かせていただきながら、個人事業主としてWebページ制作等の仕事も引き受けたりしています。

6ヶ月前はコードを見たこともない人間の私でしたが、本当にご縁に恵まれ、なんとか新しい人生を開かせてもらっています。

PCと向き合う時間の長いエンジニアだからこそ他者を大切にしたい

私の経験は再現性が低くて、申し訳ないですが、まったく参考になりません。
ただ、この経験から「出会う人の幅を広げる」とチャンスが訪れやすいと思っています。当たり前ですが(笑)。
当たり前だからこそ、転職だったり、ステップアップを考えるときに意識して行動できれば、すごい変化が起こるかもしれません。

それに現代のエンジニアだからこそ、いろんな人と関わることが大切だと感じています。
ずっと同じような人たちと一緒の環境の中にいると、エンジニアとしておもしろいサービスを開発して世に出していくというイメージが私にはできません。いつも接するエンジニアと技術の話をして楽しむのではなく、いろんな人の経験や話に興味を持つことが、求められるのかなと感じています。

私も具体的な行動として、今シェアハウスに住んでいたり、この前は主に女性の会社経営されている方々とお茶会をしたりしました(笑)。実際にそこから仕事を頂いたりしています。

まずは気軽に行動

と言ってもどこから人脈を広げればいいか当てがないこともあります。
そんな人には、この雑食系エンジニアサロンは人脈を広げていくには良い場です。ここには、多種多様な経験をしている人がいます。エンジニアとして大成している人や、フリーでがっつり稼いでいる方、未経験からエンジニアを目指している同志の方々など、エンジニアリングを主軸に、いろんな考えを持った方とお話できるので、毎回自分も感化させられています。

より「良い人脈」を築くために

人脈を広げようとして、いろんなイベント等に参加しても、自分に実績などがなければ、なかなか相手にされず難しいところがあります。私も大した実績がないので、悩んでいます。だから私は「興味を持ってもらえる人間性」をつけたいと思うようになりました。
技術力は当然大切ですが、ビジネスをしていく上では、人として良い印象を持ってもらわないと、結局うまくいかないと考えています。
そこで、皆さんと一緒に良い人脈を築いていくために、シェアしたい本があります。

デール・カーネギーの「人を動かす」という本はご存知でしょうか?
1937年に発売されて以来、今でもベストセラーの名著です。普遍的で正にこれに尽きるなという心持ちやすべき行動が、実例を用いてロジカルに展開されています。
読みながら思ったのが、自分も含めこの普遍的な内容を実践できてる人はほとんどいないということです。私の主観かもしれませんが、特にエンジニアの方はこの本に書かれているようなことが苦手な傾向があるなと感じています(笑)。
だからこそ、共々にこういう技術以外の視点でも切磋琢磨できれば、Web系エンジニア業界ももっと盛り上がっていくのではと勝手に考えています。

「人を動かす」 Amazonページ

まとめ

他のエンジニアと差をつけていくには、実績や技術力を付けるのは当然です。
その上で、人としても、もうワンランク上げることができれば、他の人との差別化に繋がるし、良い企業ほどそんな人と一緒に仕事をしたいのではないでしょうか?
私は今後も「人脈」と「人間としての魅力」を磨いていきたいと思います。

紹介

月間500万PVを誇る、世界最大級のサッカーデータサイトを取り扱っています!
APIも用意しているので、エンジニアの皆さんにもぜひ使っていただきたいです!

サッカーデータ / サッカーリーグ順位表 FootyStats

コメント

タイトルとURLをコピーしました