スクールへ行くお金なんかない!アルバイトからWEB系自社開発企業のフリーランスへ転職するルートって?

スクールへ行くお金なんかない!アルバイトからWEB系自社開発企業のフリーランスへ転職するルートって? キャリア

雑食系オウンドメディアご覧の皆様、初めまして。

今回は、私のキャリアである「Web制作アルバイト5ヶ月」「半年程度の実務経験」から「Web系自社開発企業へフリーランス(正社員)」へ転職するまでをざっくりお話します。

エンジニアとして業務経験1ヶ月や半年での具体的な業務経験や、スキルセットについても書いています。また、「未経験から正社員エンジニアとして転職する」ための具体的な行動内容についても記載しているので、これからエンジニアを目指しつつ、フリーランスエンジニアとして活躍されたい方必見の内容です。

新卒で入った会社が全く合わずに、ほとんどうつ病…

Big4系監査法人といういわゆる大企業に入社しました。

経営企画系の職種でしたが、「公認会計士のサポート」と言われるような、窮屈な仕事ばかりで、企業体質もいわゆる「レガシー」な環境でした。

そんな会社で、自分らしくない仕事をしているうち、みるみるメンタルを崩してしまいましたorz

ついには会社の企業カウンセラーの方に「このままいくとうつ病になるよ」とまで言われ、新卒5ヶ月目の夏、退職をしました。当時は「清水の舞台から飛び降りる」ような強烈な経験でした。今となっては早めに決断できて本当に良かったと思っています。

この時には副業としてWordPressブログ運営をしつつ、イントラネットの更新(SharepointのHTML, CSS, コンテンツ作成)とMOSエキスパート(Excel)の勉強をしていたのですが、この経験がエンジニアとして働くためのファーストステップになったと思います。

心機一転、ブライダル系webサービスでエンジニア・ウェブマーケター

満員電車や都会の喧騒を離れ、心機一転、藤沢の海の近くに住み始めます。心に余裕が出てきたので、地元でインターネット関連のアルバイトを探していました。

すると偶然、近くでワードプレスでカメラマン派遣サイトを作っている会社に出会いました。

HTML, CSSしか書いたことなかったのに、PHPとJSの経験を積むことができました(全て自学自習でしたが…笑)
https://huhuhu.info/

当時からWordPressブログを更新していたので、そこでの経験と前職の経験(SEO、HTML、CSS)を伝えたところ、「社内で一人だけのWeb担当」として働けることに。

サーファーでもある社長が、「わからないことがあれば、勤務中に本とかで勉強してもいいよ」といってくれていたので、実務をしながら、ゴリゴリとProgateでPHPとJavaScriptをやったりしていました。家でも復習していたらいつの間にかこんな感じに…


楽しかったので全てのレッスンをアルバイト期間に終わらせてしまったのでした…

そこで新規サービスのコーディング、ECカート機能の改修を行っているうちに、PHP(WordPress), JavaScript(ajax, jQuery)の知識が身に付いていました。その時の成果物はこちら。


結婚準備コンテンツの投稿表示ループ作成(HTML, CSS, PHP(WordPress)

新規ページ作成(10枚程度)とSEOライティングを行いました。
AMP系プラグインを試してみたり、ページローディング速度を8秒から3秒へ上げるために、
プラグインや画像サイズの見直し、eager loadingなどの技術を自分から試してみました。

バイトをしつつ「もっとエンジニアやりたいな」なんて思っていたら、勝又さんの動画に出会います。この時初めて「ウェブ系エンジニア」という職種を知りました… 直感でビビビ!と来て、ウェブ系エンジニアとして正社員転職を目指します。

アルバイト経験を評価していただき、受託開発企業に入社。残業40時間が定期的に襲いかかる環境に。

転職サイトはGreenを使用しました。理由としては、業務未経験の募集が多いことでした。
Wantedlyなども試してみましたが、Greenの方がカジュアル面談にお誘いいただける場数が、他社さんに比べてダントツで多かったです。(事実、Wantedlyだと全くお返事いただけませんでした>< PHPをやっていたからかもしれません。Rubyを採用されている企業さんが多いイメージです)

勝又さんの動画を拝見させていただいていたので、ポートフォリオを作ろうとしたのですが、「そもそもアルバイトで自走していたのでそこは評価いただけるだろう」と少しは考えていました。

当初は、モバイルエンジニア志望だったのですが、実力を証明するにも、アルバイトだったのでポートフォリオ作成のための時間とお金の捻出が難しく、何かないかなと考えていたところ、海外サイトでソースコードを購入し、AppStoreに公開する方法を考えだしました。(英語でやりとりしつつ、わからない仕様をインドのソフトハウスに問い合わせたりしました笑)

今までオンプレのWordPress環境しか触ってこなかったので、
アプリケーションのFirebaseとの連携(Firebase Auth、Realtime Database)を
学べたことは大きかったですし、NoSQLを試してみた初学者としてウケは良かったです。

おぼろげに「将来マッチングアプリの開発をして〜」と考えていたので、Tinderのクローンアプリを購入し、中身のコードを改造させてストアにリスティングさせました。(*1) MAUは300程度のアプリにはなりましたが、ポートフォリオとしては大失敗でした。

それもそのはず、自らフルスクラッチでコードを書いたポートフォリオでもなかったので、自社開発企業に行きたかったのですが、全敗。

そりゃ当然。当たり前ですね。(採用企業さんにとって、リスクすぎますよね)

反面教師としていただきたいのですが、いつも勝又さんがおっしゃっているように、お金と時間に余裕があるのであれば、ウェブ系自社開発企業に就職できるレベルのポートフォリオをしっかりと作っていくべきだと思います。僕は、そもそも自社開発企業を目指していたので、なおさらそうすべきでしたorz

入社してからは、会社の研修プログラム(と言っても私一人だけだったのですが…)「ドットインストール」を大量にこなし、そのドットインストールで作成したiOSアプリケーションをReact-Nativeに移植。そしてReact-NativeとLaravelをAPIとして自由にアプリを作成するという最終課題を自学自習で進めました。

CRUD機能を持つメモアプリをReact-Nativeで作成し、ライブラリとしては手軽に作成するためExpoを利用。データの永続化をMySQLとResourcefulコントローラを作成したLaravelバックエンドで行いました。通信には非同期ライブラリであるaxiosを調べて実装しました。この時点で入社1ヶ月目でした。
鬼のようにネットの資料を調べてようやく完成させました。


引っ張り出してみたのですが、APIのソースコードのみは会社のgitlabにありまして、
投稿している画面をお見せできないのですがorz メモを投稿->編集->削除ができるメモアプリで、
デザインも作成しています。MySQLでの永続化が行われます。
コードはデザイン含めて300行+バックエンド200行ほどを書きました。

入社後、受託開発企業で半年間、医療系マッチングサービスの開発に携わりました。ワークライフバランスが取りづらい環境で、残業時間が2ヶ月連続で40時間程度になることもありました。そんな中でも、エンジニアが私含め3名、他の方全員がフリーランスorソリューションアーキテクトの方などレベルの高い環境で、実力をドンドン引っ張っていただくことができました。感謝しかありません。
入社半年で得られた経験は下記の感じでした。

工程:詳細設計書の作成、DBのER図作成、実装。
言語やFW:HTML, CSS, JavaScript(Ajax, jQuery),  PHP(Laravel), Docker(docker-compose), AWS(Aurora[PostgreSQL], ECS)
その他研修:GoFのデザインパターン全て、アルゴリズムの基礎(隔週で勉強会を行っていただきました。感謝しかないです)

SEとして現場にいましたが、比較的モダンな環境で作業させていただくことができました。また、詳細設計書を書いた経験が地味にフリーランスで案件をいただく時に評価いただけました。

思い返せば、面接はもうほとんど勝又さんの動画の受け売りを話していただけでした(^◇^;)

「モダンでDocker使っている会社がいいです!」

「モバイル開発がしたいです!KotlinとかReact-Native気になります!」

「WordPressやっていた時から、もっとバックエンドやりたかったんです!」
「AWSとかクラウドのマネージドサービス気になります!」

そもそもDockerfileを書いたこともなければ、docker-compose up -dコマンドすら打ったことなかったのですが……(今ならできますが、初学者として書ける方はホントに尊敬しかないです)

やる気とポテンシャルだけを見せつけてなんとか内定という形になりました。

その後、React-Nativeでのポートフォリオをさらに追加で作成していたのもあって、バックエンドLaravel、フロントエンドVue.js、Nuxt.jsというさらにフロントに寄せたモダンな環境での自社開発企業さんでのフリーランス案件(週2リモート)をクラウドテックさんにてご紹介いただけました。

月単価56万円(税抜)ほどで、この時点で業務経験半年でした。フリーランスは来月から業務開始なので、また時間が経てばレポートさせていただきたいです。

まとめ

以上となります。全体を通して、「アルバイト経験を含めて(非公式の)業務経験としてくれる」のがフリーランス、正社員通じて実感できました。自分からWebサービスに必要なことを全て担当(マークアップ、バックエンド、SEO対策、サイトのチューニング)してきた点は、実際に現場のエンジニアの方と話をしていても、少しだけエッジを立てることができているのかなと感じました。

私のように「お金もない」「時間もない」そもそもプログラミングスクールに行けないし(行ける方が羨ましい…)無料のスクールだとJavaをやらされてSESに飛ばされる、なんてことは日常茶飯事です。

そんな方でもエンジニアになるならWebサービスのアルバイトやインターンを探す方法もあるので、諦めないで頑張ってほしいです。実際に1年程度の業務経験で、圧倒的に楽しく、リモートワークもできるようになりますし、何より日々新しい技術を触れるのは、勝又さんもおっしゃっているように本当に刺激的で楽しいです。

以上です。ここまで読んでいただけた方、ありがとうございました!

(*1) 内定先企業には、「海外のソースコードをダウンロードし、使っている」旨を伝えた上で、採用していただきました。

クスハラ


2020/01/16 初稿
2020/01/21 追記:「海外のソースコード〜」の部分について、誤解を招く表現があったため注釈を付けました

普段はクスハラという名前でブログ書いてます。
->ブログ: Tinglehacker(https://raku-noma.site/)
->Twitter: クスハラ(https://twitter.com/aoyamalife)

文字数の都合上、泣く泣くカットした部分もあります。続きは是非ブログをご覧くださいませ😁

コメント

タイトルとURLをコピーしました