4週間24時間耐久!エンジニア養成機関「42Tokyo」の入学試験に参加してみた

キャリア

久しぶりの寄稿になります、たろと申します。今回私は、フランス・パリに本校がある「42」というエンジニア養成機関の、東京校の入学試験を受けてきました!その際の感想等を皆様に共有できればと思います。

そもそも「42」とは?

経歴不問、授業料不要、教師なし、クラスなし、完全P2P学習のエンジニア養成機関です。42からは「課題」を与えられて、それをあらゆる手を使って解決、作成していきます。

例えば、わからないことがあれば隣の人に聞いて、その人がわからなければその隣の人にも聞いて、それでもわからなければみんなで走り回って知ってる人を探すというような、学生同士の切磋琢磨、協力で困難を乗り越えていく学習スタイルです。

東京では2020年4月から開講予定で、私はその第1回入学試験を受けてきました。42に関しての詳しい内容は、42Tokyo事務局長の長谷川氏のインタビューがあるので、読んでみてください。

目指す姿は「社会に接続する学校」学費無料、経歴不問の42 Tokyoが目指すエンジニア教育

入学試験「Piscine」とは

Piscineとはフランス語で「プール」という意味です。Piscineは約4週間、24時間続く試験です。ずっと負荷がかけられる内容で、プールで溺れないように必死にもがき続けるという意味合いがあるようです。

合格基準が公開されておらず、ただ課題を多くこなした人が合格するという訳でもないようです。ゆえに、考えられる要因にはすべて、フルコミットする必要性が出てきます。

かなり大変そうな内容に聞こえますが、経歴不問とあるとおり、完全未経験でもついていけるようにちゃんと設計されており(少なくとも私はそう感じました)、最終的には経験者とも遜色なく、コーディングについて談義できるようになってる人がほとんどでした。

挑戦する勇気と、自己管理ができれば、門戸は全員に開かれています。

運営していた方の話によると、一般の学校で2年かけて習得する基礎を、この4週間で身につける人が大半だということです。

Piscineを受けてみた感想

詳しい内容は、言ってはいけない決まりになってるので、言えないのですが、本当に大変で、一応仕事でプログラミングをしていた私でも何回も溺れそうになりました…。

皆様にできるだけわかりやすくイメージをお伝えできる例えがあるとすれば、
某マンガの「ハンター試験」がまさにそれです。

一緒に受けていた皆の共通認識では、”Piscineはリアルハンター試験” という概念があったと思います。

これは何が問われているのか、どこからが運営事務局が関わるルールなのか、この行動のあとにはどんな結果が待ち受けているのか、全てがほぼ闇に包まれており、受験者たちで模索して入学試験を紐解いていきました。その過程で、あることないこといろんな噂が飛び交ったり、人として弱い部分が出たり、いろんな角度からストレスがかかってきていました。

おかげで、私も何回もメンタルブレイクしました。メンタルブレイクするたびにする口癖は「もう溺れて楽になりたい」になっていました。

ですが、最後の方では、その状況が楽しいという心理状態に陥っていました。ランナーズハイのような感覚ですね。

結果としては、めちゃくちゃ有意義で、ちょっとした合間に仲間とバカみたいな話をしたりなんかして、とても価値ある1ヶ月間でした。

エンジニアとして必要なものが培われる

少し真面目に締めていきたいと思います。
あくまでPiscineは入学試験なのですが、入学試験自体が貴重な体験になると感じました。

具体的には、エンジニアに必要な素養が培われるという点です。

エンジニアの仕事は、エラーと向き合う時間が長く、それをいかに解決するかが問われる仕事だと感じています。

解決にあたって、仕事なので当然、答えを教えてくれる先生はいません。自身で解決策を考え、調べ、わからなければ知っていそうな人に聞いてみるという行動を繰り返していく必要があります。

「教えてもらう」という、学校にありがちな受け身の姿勢では、どんな仕事も続けていくのは難しいはずです。その悪習を断ち切る1つの方法が、P2Pでの学習だと感じました。

Piscineとは、まさにエンジニアに必要な「自走能力」を試される試験でもあり、鍛えられる試験だったと思います。

技術だけではないエンジニアに

技術やノウハウを教える学校は、既にたくさんあると思います。ただ、人との関わり方や自身を真剣に見つめ直すことになる教育機関、とりわけエンジニア関係においては、まだまだ少ないのではないかと思っています。

高学歴だったり、技術力というのは、確かにあるに越したことはないですが、そういうものではなく、自身を変革していくことができるタフさ、柔軟性、勇気が、エンジニアに限らず、より顕著に求められる時代になってくるのだと勝手ながら感じています。

42Tokyoはエンジニアリングを通じて、そんな社会的な”人材”を排出する機関なのだと、今回感じました。

完全無料なので、興味と都合が合う人がいれば、受けてみるのもいいのではと思います!

紹介

月間500万PVを誇る、世界最大級のサッカーデータサイトを取り扱っています!
APIも用意しているので、エンジニアの皆さんにもぜひ使っていただきたいです!

サッカーデータ / サッカーリーグ順位表 FootyStats

コメント

タイトルとURLをコピーしました