職場の○○のレベルが異常に高い!?エンジニア転職してみて驚いたこと5選

職場の○○のレベルが異常に高い!?エンジニア転職してみて驚いたこと5選 キャリア

子育てエンジニアのyujiです。
今回は10年以上の営業からエンジニアへ転職し、実際にエンジニアとして働きだした際に驚いたこと、ギャップについて5点お話させて頂こうと思います。今エンジニア、プログラマーを目指している人に具体的な働くイメージを抱いてもらえればと思います。

私の経歴については前回の記事をご確認いただければと思います。
今思えば、営業時代にはエンジニア・プログラマーという職業に対して好き勝手なイメージを抱いていたなと思いますし、いざ働いてみると抱いていたイメージとだいたい一致しているなと思うところもありました。
今回お話させていただく勤務内容、状況に関してはあくまで弊社内だけであるという可能性もあり、他社には全くあてはまらないという可能性もありますので、その点はご理解いただき、参考までにしていただければと思います。

エンジニア・プログラマーに対するイメージって?

現役でエンジニア・プログラマーとして働かれている方には申し訳ないですが、私は以前、エンジニア・プログラマーという職業についている方に対して「もの静か、あまりしゃべらない、コミュニケーションが得意ではない」というようなイメージを持っていました。黙々とパソコンに向かって当時の私には理解のできないようなコードをひたすら打ち込んでいる姿を見て、そういったイメージを持ってしまっていたと思います。

私は以前、営業職として10年働いていましたが、営業時代は打ち合わせや営業のため移動が多く、なかでも「様子伺い」という特に意味なくクライアント先に行ったりしていました。エンジニア ・プログラマー職の方は外出の機会がそれほどなさそうでしたし、効率的に仕事ができていいなと思っていました。

もの静かでコミュニケーションが得意ではなさそうというイメージを持っていたのにも関わらず、現在の職(プログラマーとして入社しましたが、実質SEです)へ転職した理由はいくつかあります。

数多あるwebサービスに自身も手を動かして携わりたい、後々は開発していきたいと思ったのと、営業10年の経験があれば、コミュニケーション面では得意を発揮し活躍できるのではと思ったことでした。

自分が「様子伺い」などと一見意味のないような営業活動をしている間に、黙々とサービスを生み出したりしている姿を見て、本当は羨ましかったんだと思います。以上が、私がエンジニア職に転職を決めたいきさつです。

さて次は、実際にエンジニアとして働きだした際に驚いたこと、ギャップについてです。

①社内が異常に静か

これは転職前から描いていたイメージ通りでしたが、ここまで静かなの…? とちょっと面食らいました。面接の際にお願いして社内を見せてもらったのですが、第一印象がこれでした。以前は営業職として働いていたので、職場にも頻繁に電話がかかってきたりして騒がしかったです。現在も弊社は クライアント企業のシステム開発を請け負っていますので、自社開発企業よりは電話は多い方だと思いますが、それにしても静かです。隣の人と業務の事を少し話したいというような時は、周りに迷惑を掛けないように小声になります。

②備品のレベルが異常に高い

これは本当に驚いたんですが、特に椅子のレベルが高い!!頭まで置くことの出来る非常に良い椅子に座りながら仕事ができます。聞くところによると1脚あたり10万円以上とも。たしかにデスクワークですので、長時間座っていると腰も痛くなってきますが、それにしても肘掛けまで付いてるとは…!と思いました。 (もしかしたら今までの職場がブラックだったのかもしれませんが…。 )
新人にもマルチディスプレイが用意されています。今となっては欠かすことができず、ディスプレイのおかげで快適に仕事ができていますが、入社時は新人だからそこまで使わないだろうと思っていました。

③飲み会の出席率が悪い

私自身もめんどくさいと思うタイプですので、嫌々出席していた飲み会ですが、それにしても出席率が異常に悪い。特にプログラマーの方々。いつも弊社ではGoogleカレンダーで出席確認が行われるのですが、1ヶ月以上先に計画されているにも関わらず、 プログラマーの方々が即欠席で返答を返していたりします。
やはり場を和ませようという営業魂が働くのか、少し都合が悪くても参加したりしています。子どももいますので、できれば会社の飲み会などは欠席して、早く帰宅し、家族の時間を作りたいのですがなかなかむずかしいですね。

④困っている人には手を差し伸べてくれる

これもプログラマーの人に多いのですが、私もまだまだ経験不足ですので、業務の中で困り果てることが多々あります。そういった場合、先輩や同僚に素直に「助けて欲しい」とお願いすると、自分自身もタスクを抱えているにも関わらず、助けてくれる場合が非常に多いです。初心者エンジニア・プログラマーにはあるあるかもしれないですね。

⑤私服がOKである

これも営業から転職してきてカルチャーショックだったんですが、当たり前のように私服がOKです。クライアント先に行ったりする際はそれなりの格好をする必要はありますが、自身はそれでもほぼ私服で会社へ通っています。
営業時代に毎日着用していた堅苦しいスーツを着る必要がないので、非常に楽で気に入っています。それでも、クロックスのような靴やサンダル、露出の多い服装は禁止ですので、他と比べると少し厳しいと言われるかもしれません。

異業種から見ると当たり前じゃないエンジニア職の当たり前

今まで挙げたことはエンジニア・プログラマーの人達にとってはほとんど当たり前のことだと思います。よりよいサービスを生み出すため、コードを書くのに集中するため、結果を出すために作られた環境だと思います。
ただ、やはり異業種で働く人々から見ると、「えっ!」と思うようなこともあります。もともと営業の人間なので、エンジニア・プログラマーの方々だけでなく、様々な業種の人とも交流したいなと思っています。そのため、今の環境を当たり前だと思わず、客観的な視点は持ちつつ、よりよい結果を出していければと思っています。自身も段々とこの環境が心地良くなってきていますが…。

以上、エンジニア・プログラマーに対して思い描いていたイメージと、実際働いてみて感じたギャップなどについてお話しました。現在エンジニア・プログラマーを目指して勉強をがんばっている人に何かお役に立てていたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました