【仕事にも遊びにもやる気がでない人へ】エンジニアに筋トレがオススメな理由5つ

エンジニアに筋トレがオススメな理由5つ 仕事術

エンジニアのみなさんのなかには、毎日帰宅するとドッと疲れがでる…という方が多いのではないでしょうか。もちろんコーディングが楽しくて没頭しているうちにあっという間に一日が終わったという方もいるかと思いますが、何をしてもエラーが解消されないときなどはイライラしますよね。

今回は、日々頑張っているエンジニアのみなさんが筋トレをすることで得られるメリットを5つ紹介します。筋トレをすることのメリットは下記の5つです。

1.やる気が出る
2.よく眠れるようになる
3.身体つきが変わり自信がつく
4.姿勢が良くなって猫背や腰痛が改善される
5.精神力が高まる

上から順に解説していきます。

1.やる気が出る

結論から言うと、プライベートも仕事も筋トレを始めると一気に充実したような気持ちになりますよね。その理由は、筋トレ時に分泌される脳内麻薬にあります。筋トレをすると、下記の脳内麻薬が分泌されると言われています。

・ドーパミン
・エンドルフィン
・テストステロン
・アドレナリン
・セロトニン

これらが分泌されているときは、「やる気、幸福感、至福感」などを得ることができるようです。筋トレを行うだけで、これらの分泌が促され、やる気が湧き、「今日はこれだけ頑張った!」と達成感を得られるなんてなんだかお得な気がします。

筋トレを行うには、一旦デスクから離れる必要があります。某有名アーティストが「気分を変えるために席を変える。見える景色を変えることを大事にしている」と話していましたが、これはまさにその効果を狙っています。パソコンから離れる機会を作ることで、気分を変えることができ、結果、リフレッシュすることができるのです。

私自身もジムに通って筋トレをしていた時期がありました。そのときは毎日、目標を持ってトレーニングしていたので回数をこなした後やさらに重いベンチプレスができたときは達成感があり、筋トレ以外のことに対してもやる気が湧いてきていました。筋トレを始めると楽しくてしょうがないです。

2.よく眠れるようになる

筋トレを始めると、自然と眠れるようになります。言うまでもないですが、「身体的に疲れるから」です。エンジニアの業務は、デスクワークがメインで身体を使うことがあまりありません。会社によってはバランスボールを設置したり、足が伸ばせるスペースを設けたりしているところもありますが、基本的には同じ姿勢で業務を行うことが多いですよね。

こわばった身体のまま一日を終えると、「疲れているはずなのに身体が疲れてなくて眠れない」そんな経験があるという方も多いのではないでしょうか。

そんなときには筋トレがオススメです。退社後に「今日は、ベンチプレス50kgを10回、腹筋100回」とやっているうちにアドレナリンやドーパミンが出て楽しくなってきますよ。トレーニング後は、アドレナリンが切れて一気に疲れがどっときます。そうすれば、しっかりと眠りにつくことができるようになります。

3.身体つきが変わり自信がつく

筋トレを行っている方々を見ていればわかりますが、身体つきが変わるのは言うまでもないですよね。

「自信がつく」のはどうしてなのかと言うと、筋トレをして身体つきが変わったことで「小さな成功体験」を得ているからです。「自分はやればできるんだ。」そんな自信が生まれます。

また、身体つきが変わると筋肉のラインが見える服も着られるようになります。外見にも自信が持てるようになり、異性からもモテるようになります(主観ですが)。男性が女性のスタイルを見ているように、女性も意外と男性の筋肉を見ているようです笑。

4.姿勢が良くなり猫背や腰痛が改善される

長時間のデスクワークを続けていると、どうしても猫背や腰痛持ちになりがちです。しかし、筋トレを行えばこのように改善ができます。

・筋力がついて猫背が解消される
・腰痛も緩和される
・結果的に仕事効率がアップする

猫背になるのは、筋肉が不足しているために楽な姿勢をとり続けることによる結果です。また、腰痛も身体の歪みから起こっていることが多いです。今、猫背や腰痛に悩んでいるという方は、ぜひ筋トレを始めてみてはいかがでしょうか(腰痛持ちの方は筋トレを始める前にまずかかりつけの医療機関にご相談ください)。その際に、外側の筋肉だけでなく、体幹を鍛えるように意識すれば、猫背や腰痛も改善するかもしれません。

腰痛に悩まされながらコードを書くのと、なんの痛みも感じずにコーディングに集中できるのでは圧倒的に後者のほうが作業効率が上がりますよね。また、同じオフィスに筋トレをしている人がいれば仲良くなるきっかけになり、職場のコミュニケーションがうまくいくということもあるかもしれないですね。

5.精神力が高まる

筋トレを始めた頃はなかなか成果が出ません。1週間やっても2週間やってもいきなり筋肉がついてくるものではありません。やっと3週間くらい継続すると効果が現れてきます。そのため、継続するのは大変です。挫折する人も多いですね。でも、それを乗り越えればあらゆることで「あの時の筋トレに比べたらマシだ。」そう思えること間違いなしです。

上記のメリット以外にも
・筋トレについての知識が増えて他の人にも教えられる
・健康についての興味が湧く
・運動不足が解消される

など、探せばもっとたくさんのメリットがあります。

やってみたけど、筋トレが続かない人へ

この記事を読んでメリットがたくさんあるからやってみよう!と思って続けてみたけど、挫折してしまった…そんな方に継続する方法を紹介します。

「ジムを契約」してしまうことです。

ジムにお金を払って契約すると、お金がもったいないので「とりあえずジムに行くか」とジムに足を運ぶことも増えてきます。ジムに来たら来たで、「せっかくジムに来たし筋トレするか」と筋トレを始めることができます。自宅での筋トレが続かないという人はジムに行くことで挫折率がぐんと下がると思います。ジムで知り合った人と筋トレ仲間になってジムに通うことが楽しくなったりするかもしれません。1年契約などにしてしまえばかなりお金も支払うことになりますので挫折防止に効果があると思います。(編集部注釈:2020年3月2日現在、在宅勤務を推奨されている企業も多いかと思います。スポーツジムなど密閉空間は避けるようにとも発表されています。今はなかなかジム通いはむずかしいかと思うので、代わりに自宅で筋トレをしてTwitterなどで発信してみるのもいいかもしれませんね。コロナウィルスが落ち着いたら試してみましょう)。

筋トレが流行しているけど、本当に価値があるの?と思っている方はまず、チャレンジしてみましょう。やってみて自分に合うようであれば継続すればいいですし、どうもランニングのほうが性に合うなということに気づけたならそれはそれでいいと思います。まずはチャレンジ!この記事を読んだみなさんが、会社のデスクと自宅以外にも楽しみを見つけることができるきっかけになれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました