【就活・転職】独立系SIerに3年勤める私が入社前にやっておけばよかったこと2つ

【就活・転職】独立系SIerに3年勤める私が入社前にやっておけばよかったこと2つ キャリア

現在25歳、IT企業に3年ほど勤めているたこやき後輩(Twitter:@takoyaki_junior)と申します。IT未経験で独立系SIerに新卒で入社し、なんとか働いています。学生時代は、農学部に在籍しており、パソコンはExcelとWordが使えるレベルでそれ以外は何もできないような状態でした。今日は、私のSIer企業での経験談今後のキャリアパスをお話してみようと思います。就活や転職活動をされる方の参考になれば幸いです。

独立系SIer企業ってどんな企業のこと?

入社してから3年間、独立系SIer企業で働いてきました。独立系SIerって具体的ンにどんな仕事をしているの?と思われる方も多いかと思うので、ここで私の会社での経験を中心に、仕事内容や働いてみて抱いた感想について話していきます。

みなさんは独立系SIerについてどのようなイメージを持たれているでしょうか。まずは、独立系SIerについておさらいから入っていきましょう。

まず、みなさんもご存知のように、ひとくちに「IT企業」といってもスマホアプリを製作する会社もありますし、Webサイトを作る会社、企業用のシステムを作る会社もあり様々です。その中でも私は、IT業界は大きく2つに分かれていると思っています。

SIer自社開発系サービス企業の2つです。

SIer…企業から依頼を受けてシステムを構築する業態

自社開発系サービス企業 …自社でサービスを開発しそれをユーザに使ってもらう

ざっくりと、SIerが大学の履修システムや、企業の人事システム、銀行システムなどを扱っていることが多いのに対し、自社開発系サービス企業はFacebook、Amazonなどのサービスを作っていることが多いです。大きな違いは、クライアントと企業の関係、構図かなと思っています。

SIer「ぜひ、わが社にシステムを作らせてください!!」

自社開発系「気が向いたらうちのサービス使ってみてよ?」

私は、上記のうち、独立系SIer企業で働いております。独立系SIerは様々な企業や官公庁などから依頼を請けて相手の要望通りにシステムを作ることがほとんどで、独立系と名の付く通りさまざまな企業を顧客として持つのが特徴です。

独立系SIer企業で働く私の一日のスケジュールはこんな感じ

現在は、自動車メーカーの新システムの開発プロジェクトを手掛けています。ここで、最近の私の一日のスケジュールをご紹介します。日によって若干違うこともありますが、だいたいこんな感じなんだなと思っていただけたらと思います。

7:30   起床

7:45   通勤

8:45   会社着に着替え

9:00   始業(プログラミングをガリガリ)

12:00 昼休み

13:00 始業(プログラミングをガリガリ)

19:30 退社

20:30 帰宅

21:00 自由時間

24:00 就寝

基本的には、こんなタイムスケジュールで客先に常駐して働いています。土日出勤なども特にないですし、一般的な会社員のタイムスケジュールかなと思います。

以前は、システムの運用・保守プロジェクト(現在稼働しているシステムのサポート )をしていましたが、その仕事のときは忙しかったので23時くらいまで働くこともありましたww

システムの運用・保守プロジェクトというのは、お問い合わせを受けたり、ときどきいろいろなWebサービスから「システムメンテナンスのお知らせ」のようなメールを受け取ることもあるかと思いますが、そういったシステムメンテナンスを行ったりしていました。

今動いているシステムがとまったらその企業の仕事がとまってしまうので、勤務時間が昼夜関係なしに不具合を修正したり調整したりしなければならなかったです。病院で例えると、緊急外来みたいなものです。こういった仕事は精神的にも体力的にも少しきつかったです。

入社前にやっておけばよかったこと

未経験でIT企業に勤めることになった私ですが、入社前にやっておけばよかったなと思ったことは大きく二つあります。

1)日本語の勉強

「ITなんてプログラミング言語が書ければいいんでしょ??」

これが大きなまちがいでしたねw ほとんどの業界で使うメールや報告書!これは日本語で書きますよね。誤字脱字の多かったこと。文法がおかしいというのも何度指摘されたことか…。心の中では実はこう思ってました。

ニュアンス伝わってるんだからいいじゃん(# ゚Д゚)

ITシステムの設計書と仕様書も日本語を使って誰もが読めるように書かなければならないので苦労しました。

2)IT業界用語の勉強

IT業界の嫌いなところかもしれませんが、死ぬほど横文字、略称が多いです。しかも使われる頻度もとても多いです。アジェンダ(目次、検討課題)とかリソース(資源)とか…。心の中ではこう思ってました。

日本語の方が短いやんけ(# ゚Д゚)

アメリカからIT技術や手法が伝達されることが多いので横文字が多くなるらしいですが、日本語でええやんとも思うし、IT用語だけで英検受かるんじゃないかなとも思ったりしますw

入社後すぐにやったこと

IT初心者だったので、まずはITの登竜門といわれる「基本情報技術者」の資格を目指すことにしました。業務に触れていたり、ITの基礎知識のまとめ集を見たりしていたおかげで勝手に知識がついたのが半分で、あとは参考書を使って勉強しました。私の場合は、イラストがあるものを使って勉強しました。ITの単語にはどうしてもイメージしづらいものが多いので初心者の方はイラスト付きのものを選ぶとよいと思います。「基本情報技術者」ですが、入社半年でぎりぎり合格することができました。

独立系SIerで働きながら、今後やろうと思っていること

今自分のいるSIer界隈はどちらかというと技術的に古いもの(レガシーと呼ばれたりする)が本当に多いです。バージョン管理ツールにはSVNを使っていますし、コミュニケーションツールもSlackなどは使わずメールが主です。

転職やスキルアップを視野に入れる際に、どうしてもモダンな技術へのキャッチアップと成果物の作成が必要になってくることがわかってきたのでそれらを休日や帰宅後の時間で学んでいく予定です。

今回は、私の勤める独立系SIerについて、ざっくりと説明させていただきました。就活中の方や転職をお考え方に何らかお役に立てていたら嬉しいです。私もまだいろいろと挑戦していこうと思っていますので、一緒に頑張っていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました