【新米パパ・ママ必見】コロナショック!子育てエンジニアの生活はこう変わった

【新米パパ・ママ必見】コロナショック!子育てエンジニアの生活はこう変わった 仕事術

子育てエンジニアのyujiです。
まだまだコロナウィルスの勢いが衰えませんが、そんななか、我が家では妻の仕事(週末のみパートに出ています)がウィルスの影響で休みとなりました。前回の記事にも書きましたが、我が家では、平日は妻が主に育児担当、週末はパートにでる妻に代わって私が週末1人で育児をしています。今回のコロナショックでワンオペ育児から解放され、私も時差出勤を選択し生活が大きく変わりました。

今回の記事では、コロナウィルスの影響で子育てエンジニアの毎日がどのように変わったのかお話しできればと思います。今後、結婚し家庭を持ったり、出産・育児を考えているエンジニアの方々の何らかの参考になれば幸いです。

家族と過ごす時間が増えて子どもとの接し方も変化

時差出勤が可能になり、週末も妻がいてくれて子どもの面倒を見てくれるリソースが増えたことで、改めて育児を1人でこなすことがいかに大変だったかを実感しています。

コロナウィルスの猛威で、亡くなった方も多く、今なおウィルスに苦しむ人々もいらっしゃいます。また、世界各国での外出自粛、倒産に追いやられてしまった企業や飲食店、中止になったイベントなどの損害など、社会や経済に与えるウィルスの影響自体はとても心配です。でも、その一方、今回のコロナショックでもたらされた我が家の育児スタイルの変化からはとても多くのことを学びました。

私自身、子どもと過ごすこと自体は好きなのですが、仕事の疲れや自身の時間があまり取れていないイライラをいつか子どもにぶつけてしまうのではないかと不安になることもありました。ひとまず週末は身体を休められる時間が増えたので、以前と比較して疲れをとることができるようになりました。

身体の疲れが取れたことが幸いしたのか、以前より子どもとも目線を合わせて接することができている気がします。お子さんがいらっしゃる方には共感していただけることも多いかなと思うのですが、これまでは私自身にも余裕がなく、子どもが好きな幼児向け番組をほぼ流しっぱなしにしたりしてなんとかエネルギーを消費しないようにしていました。ウィルスの影響で子どもを連れて行けるような施設が休みのため、あちこちへ連れて行くことはできませんが、自宅近くの公園で子どもが満足するまで遊んだり、おもちゃで二人で遊んだり家族全員でゆっくりと食事をしたり、家族で過ごす時間が増えて改めて家族の温かみを感じることができるようになりました。

急にできた時間は言語習得や基礎情報の学習にあてよう

時間が取れるようになったからと言ってそのまま遊びに時間を費やすことができないのがエンジニアという職業だと思います。しかし、私自身が希望して入った業界ですので、自己研鑽のための学習は苦ではありません。現在はSEとして働いているため、仕事でコードを書くことはほとんどありません。案件としてはPHP/Laravelが多いので、コードを書けるSEを目指すべく学習をしています。コードを書いたり集中力が必要な学習は家族が寝てからでないとまとまった時間が取れなかったりします。1日中コードを書いていたいなという思いはありますが、いくら時間が取れるようになったからといって仕事に行きながら子育てをすると決めたのですからそうも言っていられませんよね。まだまだ駆け出しエンジニアですので、現在は、土台から理解できるように基礎情報の学習をして基礎固めを行っています。

ストレスを溜め込まないために工夫しよう

私は以前記事にも書いたように、筋トレを趣味にしています。時間がないなかでもなんとか時間を作ってジムに通い、トレーニングに勤しんでいましたが、利用していたジムもウィルスの影響により当面休館となってしまいました。ウィルスが終息する気配もありませんので、休館期間が延長しそうな気がします。ストレスの多くをトレーニングで発散していましたし、「物事を継続すること」が目的で筋トレを始めたようなものですから、ずっと続けてきたジムでのトレーニングができないのは辛すぎます。そこで、他のジムをトライアルの形で契約しました。今利用しているところよりもフリーラックやインクラインベンチが多いので、より効率的に鍛えられそうだと感じています。(編集部注釈:2020年3月26日現在、東京都・神奈川県は可能な限りの自宅作業の推奨、夜間や週末の不要不急の外出を控えるように発表しています。)

働きながら育児をしているとやはりストレスも溜まるものです。自分のためにも家族のためにも、自身のストレスを溜め込まない工夫が必要だと思います(※子どももいますので、十分に換気、手洗い、消毒には注意しています)。

時差出勤を取り入れることで集中力UP効果も!

会社からはテレワークを認められているのですが、時差出勤制度を利用しています。とは言っても出勤時間を以前より少し早めていますので、電車の混雑具合に変わりはないのですが…。弊社は元々出社時間が9時45分で割とスタートが遅いため、午前中のワークタイムが短く、午後のワークタイムが長くなってしまいます。そこで、出社時間を早めて午前のワークタイムを長くしました。今までは午後のワークタイムで少し息切れをするといいますか、集中が切れることもありました。しかし、集中力の高い午前中にウェイトを置くことで、全体で見たときの1日の集中力が変わってきました。仕事の効率も上がっていますし、夜も私のプライベートな時間が少し増えましたので、このまま時差出勤制度を残して欲しいと願うばかりです。

できること、改善できることを探して実行していこう

まだまだウィルスの状況が終息していないなか、お子さんをお持ちの方は学校が休校になって日中の世話に追われたり、心配もいろいろとありますよね。今回のコロナショックによって変わったことを振り返ると、時差出勤制度を実際に利用してみたり、家族でゆっくりと食卓を囲んでみたりして、改めて気づかされることが多かったように思います。特に子どもとの過ごし方については、お互いにとって新しい発見が多かったのではないかなと思います。

世界的に見ても、外出禁止令が出された国、多くの死者が出た国、世界的不況になる可能性もあるという発言をした国などもあり、今後どうなってしまうのだろうかと思うこともあるかと思います。ただ、今回のコロナショックへの不安に踊らされるだけでなく、できること、改善できることを探して実行していくことが大事だと思います。気を付ける部分は気を付けつつ、経済活動を止めることはできるだけないように家族一同健康で暮らしていきたいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました