【プログラミング初心者向け】ドットインストールとProgate、自分に向いている教材はどっち?

【プログラミング初心者向け】ドットインストールとProgate、自分に向いている教材はどっち? プログラミング初学者

4月になり、新しいことを始めよう!と思っている方も多いのではないでしょうか。雑食系エンジニアサロンには、プログラミングを始めたばかりという方もいらっしゃると思います。

今回、私はプログラミング初学者時代に愛用していたドットインストールProgate(プロゲート)についてまとめました。これらのサイトを使って勉強しようと思っている方の何らかの参考になれば嬉しいです。

この2つのサイトは今でもたまに使っているくらい気に入っています。また、他のエンジニアの方も「この2つで勉強したなあ」と言っている方が多いですね。

「この2つのうちどっちを使えばいいの?」という議論はあまりされてないと思います。ドットインストールProgate(プロゲート)は同じようで全く機能が異なるサイトです。そのため、人によって合う合わないが出てきます。

というわけで今回はドットインストールとProgateの特徴をまとめ、「こういったタイプの人にはこちらがオススメ」というような結論を出したいと思います。これからプログラミングを勉強する方はぜひ参考にしてくださいね!

ドットインストールの特徴

まず、ドットインストールの特徴を紹介します。ドットインストールの特徴は大きく3つに分けられます。

  • 勉強できる言語・技術が多い(421レッスンを 6,246本の動画にて提供中)
  • 動画で学習できる
  • 難易度はやや高め(※個人的な肌感です)

勉強できる言語・技術が多い

ドットインストールは勉強できる言語・技術が多めです。「え?こんなものまで」というものもたくさんあります。

  • HTML
  • Ruby
  • PHP
  • JS
  • Python
  • Perl
  • BASIC
  • COBOL
  • GO
  • Scala
  • SQL
  • iPhoneアプリ
  • Andoroidアプリ
  • VimやEmacsの使い方
  • Unixコマンド
  • Google Chromeの拡張機能など

上記のように、幅広い学習教材が用意されています。あまり多すぎると初心者にとっては、どれから勉強すべきかと戸惑うこともあるかもしれませんが、ここまで幅広く用意されているのはすごいなという感想です。

他サイトでは勉強できないマイナー言語・技術を勉強したい方にドットインストールはオススメかなと思います。

動画で学習できる

ドットインストールの最大の特徴は、動画で学習できるということ。動画で実際にプログラムを実装する様子が見られ、音声での説明もありますので、「途中経過がわかりやすい」という利点があります。

ただ、動画だとどうしても分からないときに途中で止めたりしなくてはならず、それが煩わしいという感想もあるかなと思います。

私も、わからないところは何回か一時停止して確認していました。一応動画の速度も選べますので、難しいなと思ったら速度を遅くして見やすくすることは可能です。ただそれでも「ん?」となることがあります(自分の理解力の問題かもしれませんが…)。予備校やプログラミングスクールなどで動画学習に慣れている人はドットインストール向きかもしれません。

難易度はやや高め

ドットインストールはProgateに比べると難易度はやや高めな印象です。高めといっても、ついていけないレベルとまではいきませんが、「結構深いところまでやるなあ」という感じです。一周しただけで理解できるかどうかは個人差があるかもしれませんね。

実際、私自身も一周しただけでは理解できませんでした。何周もするとその分時間を消費してしまいますので、通勤時間に動画をリピートするなどスキマ時間を活用しました。難易度が高めの分、ドットインストールをマスターすればそれなりにスキルは身につくのではないかと思います。

Progateの特徴

次に、Progateの特徴を紹介します。Progateの特徴も同じように3つに分けてみました。

  • 勉強できる言語・技術が厳選されている
  • テキストで学習できる
  • 難易度はやややさしめ(※個人的な肌感です)

勉強できる言語・技術が厳選されている

Progateはドットインストールに比べ、勉強できる言語が少なめとなっています。ただ、その分「実用性の高いもの」をしっかりと厳選してある印象です。具体的には以下のものが挙げられます。

  • HTML、CSS
  • JS、JQuary
  • Ruby
  • PHP
  • Java
  • Python
  • Git
  • SQL
  • Sass
  • Go
  • React
  • Node.js

上記のように、日経 xTECHが2018年に調査した「現場で使われている言語ランキング」で上位に入っているものが厳選されています。
参考:プログラミング言語 人気ランキング

現場で使われている実用性の高い技術に絞って学ぶなら、Progateがいいかもしれません。

テキストで学習できる

Progateは動画ではなくテキストを読んで勉強するスタイルです。テキストには画像やイラストが挿入されており、わかりやすくかつ、楽しんで読むことができま。

ただ、テキストだと集中してないと読み流してしまうこともあるかもしれません。私もついスライドを熟読してないのにパラパラめくってしまい、理解してないのに先を進んでしまったことがあります。

難易度が易しめ

個人的な肌感になってしまいますが、ドットインストールに比べ難易度は易しめです。集中して行えばProgateの内容は一周するだけで理解は可能でしょう。その代わりProgateではいろいろと省略して書かれていることも多いです。ですのでProgateを一周したからといって、全てをマスターしたつもりでいるのはきびしいかもしれません。Progateをこなした後は、わからないところをググって調べたりするなどして、知識を補足していく必要がありそうです。

まとめ

ここまで解説したProgateとドットインストールの特徴を元に、各タイプに分けてどのようなタイプの人がどちらのサイトを使うのが効果的か考えてみました。

ドットインストールがオススメの人

  • 動画で学習したい
  • ドットインストールのみで学習を完結させたい
  • マイナーな技術を習得したい

Progateがオススメの人

  • テキストで学習したい
  • Progateで勉強した後、自分で調べるなどして知識を補足するのが億劫でない
  • 実用性の高い技術に絞って勉強したい

どちらのサイトがより優れている、などはありません。「自分が何も目的としているか」「どんな勉強方法が得意か」を分析して、使うサイトを選ぶのが肝心ですよ!


自己紹介

自社開発のIT企業でプログラマーとして3年間勤務。独立後はIT系の記事を中心にwebライターとして活動。プログラミングの始め方や上達方法、IT企業の実態などについて情報を発信。

コメント

タイトルとURLをコピーしました