転職活動にもキャリアアップにも役立つ!エンジニア要チェックの「テーマ株」って?

キャリア

「テーマ株」という単語を聞いたことがありますか?
株式投資で使う用語ですが、投資家でなくとも今後のIT業界のトレンド探しに使える、というのが今回のお話。
補足として、この記事を読むのに投資家である必要もないですし、投資の知識も必要ないので、よろしければ最後までお付き合いください。

※「テーマ株」という株式投資の用語について話しますが、情報検索手段の提供を目的としており、株式投資やその他の行動を勧誘する目的で執筆しているものではありません。

テーマ株とはなにか

テーマ株とは、『株式市場でいま話題になっているテーマに関連する株(銘柄)』のことを言います。
“株式市場の流行りモノ”ということですね。

テーマの例をあげると

  • 人工知能(AI)
  • ブロックチェーン
  • 改元
  • 5G
  • 国土強靱化

などです。
新しい技術が開発された、新しいサービスがリリースされた、元号が変わる、自然災害で大きな被害が出た、ということが起こると、それに関連する企業がその時のテーマとして注目されます。
例にあげたのは5つだけですが、実際にはもっと多様なテーマがあり、日々変化していきます。

テーマ株のメリットと使い方

試しに「テーマ株」と検索してみましょう。
するとテーマのランキングや、テーマに関する企業の情報が出てくると思います。
この日々変化するテーマを眺めるのが、簡単な使い方です。これから来そうなトレンドを、このテーマ株から見つけていくわけですね。

メリットは、トレンドをひとつの単語でおおまかに知れること
株式市場は最先端の技術やビジネスモデルを材料に取引される場なので、今話題なものを手っ取り早く知ることができます。
ニュースと同じような感覚で見れると思います。「ふーん」心の中で呟いて、「そういうのもあるのか」と関心して、1日経って忘れる。ニュースと一緒です。

もう少しエンジニア寄りの使い方も紹介します。
テーマの中には、先程あげたようなAIやブロックチェーンと言った、ITのテーマも多くあります。
IT関連のテーマを見つけて、関連する企業をリストアップしたら、Qiitaを企業名で検索してみましょう。株式市場ということで上場企業限定になりますが、積極的に記事を投稿している企業も見つかると思います。
ちなみにQiitaの企業検索は、以下リンクの右サイドバーから検索できます。
Qiita Organization

この企業を就職先に考えたり、その企業が使っている技術を自分も新しく学んでみようか、と考えることができるわけですね。

さらにもう1歩進んだ見方もできます。
「このテーマが今注目される理由はなにか」「誰が何に価値を感じて注目されているか」という視点で見てみることです。
トレンドを知るだけじゃなく、活かす方向も見えてくるかもしれません。
(私もこの記事を、エンジニアの方達に少しでも価値を感じてもらえるよう書いています!)

テーマ株を使う注意点

注意点といっても、テーマ株に素手で触れても火傷しません。
どういう性質の情報かを伝えるための注意です。

おおまかである

テーマは一言でおおまかです。
おおまかであるがゆえ、詳細は省かれ、全く業界の違う企業が1つのテーマでひと括りにされている点に注意が必要です。
AIのテーマ株であれば、AIの研究開発をしている企業も、AI向けの半導体を開発している企業も、関連企業として出てきます。

タイムラグがある

例えば「政府が〇〇という技術に関して、今後世界をリードしていくために△△政策を打ち出した」という発表があったとしましょう。この発表で〇〇技術に関連する企業が、テーマ株として注目され、テーマランキングでも上位になったとします。

では、明日から〇〇技術の開発が活発になって、雇用が増えて……とすぐには変わってきません。実際には時差があります。
革新的な技術で市場を盛り上げても、それが実用化されて業界に浸透するのは時間がかかります。
流行りモノなのですが、「あ、この分野キテるな」と我々が実感するまでにはタイムラグがあることに注意してください。(むしろタイムラグがあるから先手を打てるとも言えるのですが!)

最初に「ニュースと同じ」と言ったように、ニュースを見る感覚で頭に留めておくぐらいでもいいと思います。

テーマには一過性のものもある

一過性のテーマでも話題になる点にも注意してください。一過性でもトレンドはトレンドなのですが・・。
わかりやすい例が改元です。
改元というテーマが話題になっても、改元が済めばそこまでです。
一過性の話題なのか、それとも今後徐々に広がっていくものなのか、といったことにも目を向けてみてください。

以上、注意点をあげました。

今気になっているテーマ

最後にオススメのテーマを1つ紹介したいと思います。

それは『MaaS(マース)』です。

この文字だけでエンジニアの皆さんは「おっ」となりませんか?
日々テーマ株を眺めていると、こういったエンジニアだからこそ気になるテーマも出てきます。是非つい調べたくなるようなテーマを見つけてもらいたいと思います。

おわりに

投資家じゃなくても今後のトレンドを簡単に探れる「テーマ株」を紹介しました。
気軽に検索してみてください。

筆者の自己紹介

こんにちは!地方フリーランスエンジニアでアイディア出しが好きな「ぱやぱや」です。
アイディア → 現実的なシステム設計に落としみ+ユーザビリティ向上 を意識したサービス作りをしています。ブログではビジネスパーソン向けに技術の活用方法の紹介やライフハック、自身の考えを投稿しています。
https://paya02.com/

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました