好きな仕事をしているか?情熱的に仕事をする人たちに共通する3つの指針

好きな仕事をしているか?情熱的に仕事をする人たちに共通する3つの指針 キャリア

序文

本記事では他業種からエンジニアへの転職を検討中の方に向けて、考え方についてのアドバイスをします。

キーワードは「3つの指針」です。ひとりでも多くの方の助けになれば幸いです。

その道を選んだ理由は何ですか?

早速ですがあなたはなぜ、転職してエンジニアになろう、と思い立ったのでしょうか。

・今働いている会社の労働環境に不満があるから(人間関係、給与、労働時間etc)

・今の仕事を続けていても、将来が不安だから

・未経験からエンジニアになって、高収入を得ている人が話題になったから

・リモートワークで、自由な働き方を実現できそうだから etc

そこに「自分がどうなりたいか」はありますか?

自問自答してください。転職の動機付けが、

・何かの媒体で見た/読んだこと

・誰かが言っていたこと

・誰かの成功事例

に基づいていませんか?それ自体は悪いことではないですが、

「自分の強みをどう活かせそうか」

「自分がどうなりたいか」

が抜け落ちていませんか?

ここでひとつのフレーズをお伝えします。

「今の仕事について悩みを抱える人の多くは、誰かに登れと言われた梯子を登っているだけで、それは間違った壁に掛けられているかもしれないし、そもそも壁さえないかもしれない」


ドライな表現になりますが、他人は所詮、他人です。あなたの人生について責任を取ってくれることはありません。「エンジニア、オススメです!今後ますます必要とされる職業ですよ!」という言葉だけを動機とした転職は、新たな悩みを抱えることに繋がってしまう恐れがあります。

好きになる仕事はどうしたら見つかるのか

今の時代、誰でも簡単に、知りたいことを検索して情報を得ることができます。しかし、ネット上の情報というのは玉石混交。「情報発信者が利益を得るための情報」も大量に存在しています。

それらを鵜呑みにして、あなたには無用の情報に振り回され、貴重な時間を浪費するのは勿体ないことです。
そうした事態を避けるために、「あなた自身はどうしたいか」という指針を明確に持つ必要があると、私は考えます。ここで、一本の動画(17分)をご紹介します。


好きになる仕事はどうしたら見つかるのか

スコット・ディンズモア氏によるTED Talksの動画です。氏は、情熱を持って活動している人々を紹介し、また彼らとつながることができる、Live Your Legendというサイトの運営者です。

そんな氏もかつては、単調な仕事を淡々とこなす日々で、友人からは、

「今の仕事が好きかどうかなんてどうでもいいことだ。経歴書に箔が付けられるかどうかだ」

というアドバイスを受ける有様だったと振り返ります。氏は「何もかもぶち壊せるものを探しに行きたい」という思いに駆られ、すぐに仕事をやめ、様々な行動を起こすうちに、ある事実を知りました。

「世の人々の8割方は、好きな仕事をしていない。情熱を持って世界を変えるような仕事をし、心踊らせて毎朝起きる人たちがいる一方で、8割の人は静かな絶望のなかに生きている」

更に仕事や目的についての書籍を読み漁ったり、情熱的に仕事をする人たちに会っているうちに、氏はある発見をします。

3つの指針からなるコンパスを入手せよ

世界を変えるような情熱的な人たちには、3つの共通点がある、と氏は動画の中で述べています。

(以下抜粋)

1)自分についての専門家になり、自分をよく理解している

自分自身のことについて、誰かが教えてくれるということはまずない。

自分がどういう人間で、求めているものは何なのか分からなければ、それを見つけることすらできない。

2)自分が決断する基準が何か、ということを知っている

自分が気にかけるのは、人間関係なのか、家族なのか、健康なのか、プロジェクトの達成なのか。

どうでも良いことのために魂を売りわたさぬよう、自分が物事を決断するための価値観を見極める必要がある。

3)これまで蓄積してきた経験をアウトプットできている

自分は何が得意で、何が苦手か。今までの経験から学んだことを吸収して、後の人生に役立てなければ全て無駄になってしまう。

何が上手くいったか、何をやりたいと思うか、何に憧れを持つか、それらを振り返ることで、自分の人生に適用できるアイデアの宝庫ができる。


情熱を持って仕事をしている人たちはみな、自分にとって何が大切かを知るため、時間をかけてこれら3つの指針を明確にしていると、氏は言います。

そしてこの3つの指針からなるコンパスを手にしたなら、自分の強み・価値観・個性と合致するものに出会ったとき、それを見過ごすことなく掴むことができる、と。

まとめ

きっかけは「誰かがオススメしていたから」でも良いでしょう。ですがエンジニアという職で、あなた自身の強みはどのような形で活かすことができますか?あなたはどんなエンジニアになりたいのでしょうか?


エンジニアという仕事は、あなたがやらずにはいられない仕事となりそうでしょうか?

転職活動をスタートする前にいま一度、自分の中の3つの指針について、再確認する時間を設けてみてはいかがでしょうか。

筆者の自己紹介

はじめまして、ヤスヒロと申します。

人の心を動かすこと(励ます・笑わせる・驚かせるetc)が好きで、

それらに関することについて、発信していきます。

ツイッター: https://twitter.com/ohara5555

ブログ:VAMOLA!エンジニア

コメント

タイトルとURLをコピーしました