動画

保護中: 雑食系エンジニアサロン会員様専用動画

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード
プログラミング初学者

保護中: サラリーマンの私がプログラミング勉強でモチベーションを管理している方法

日中は会社で事務職をしているよっしーです。事務職の仕事からプログラミングの仕事に移行していきたいと思い、コーディングを学び始めて約3ヶ月が経ちました。苦戦していたCSSにも少しずつ慣れてきて、最近はJavascriptの勉強も始めました。この3ケ月の間、初心者の私がどのようにしてプログラミングへのモチベーションを保ってきたかについてお話します。プログラミング初学者の方に少しでも参考や励ましになると嬉しいです。
コミュニケーション

保護中: 「出社しない = 生産性が落ちる」の式は崩れた!これからもテレワークを続けるために

今回のコロナショックによってテレワークやオンライン会議など働き方に対する考え方も大きく変わったかと思います。せっかく導入してみた(半ばウィルスによって強制的にですが)テレワークを継続するというのもこれからの働き方の一つではないかと思うのです。 今回はどのような企業側のスタンスがあれば、これからもテレワークなど多様な働き方を実施していくことが可能なのか考えてみました。経営者の方にも読んでいただき、一つの意見として参考にしていただければと思います。現在、エンジニアとして企業に勤めている方には「そうそう!」と思っていただければと思います。
アウトプット

保護中: ドラマ『UPLOAD』から得た「人生をより楽しくするためのヒント」

未経験からエンジニアを目指そうと思って頑張っている人の中には、現在の仕事環境に不満があったり、将来への不安を抱えてキャリアチェンジを図ろうとしている方々も多いのではないでしょうか。 私もちょうど1年前は文系の派遣社員をやっていて、毎日が同じことの繰り返し、若くもなければ特殊なスキルもなく、離婚して女一人、貯金も減っていくし、将来が見えず真っ暗闇でした。 今回は、今苦しいな、辛いな、なんだか憂鬱だなと感じている方々へ向けて、最近観た海外ドラマの中から得た「人生をより楽しくするためのヒント」についてお話したいと思います。
キャリア

保護中: エンジニアにコミュ力は必要ない!?もったいないエンジニアにならないために

今回は、実在する「周囲の人から首を傾げられてしまうエンジニア」の例を参考に、せっかくの努力を水の泡にしてしまわず次に繋げていけるような頑張り方についてお話ししたいと思います。彼自身、癖はあるけれど悪い人ではなく、常々彼をみてもったいないなと思っているので、特にこれからエンジニアを目指している方に向けて、エンジニアとしてこういう風に頑張っていったらいいんじゃないかなと思うことをお話ししていきます。
キャリア

保護中: 会社を辞めたい…でも迷惑をかけたくない!円満退職→フリーランスになる方法

地方でフリーランスエンジニアをやっているぱやぱやです。 今回は、会社や同僚に気を遣ってしまう人の円満退職→フリーランスになる方法」を紹介したいと思います。退職することに関して、会社や同僚に迷惑がかかると思うと辞められない、退職するならなるべく穏便に済ませたいと考える方に向けて、私が退職の際にとった円満退職→フリーランスにもなれる方法を紹介します。 恐らくサクッと辞められる方がこれを読むと「そこまでする必要ないでしょ!」と思うかもしれないです。それでも現状から抜け出すのに人一倍勇気がいる人もいると思うので、そういった方が一歩を踏み出せるよう本記事を執筆しました。何らかの参考になれば幸いです。
コミュニケーション

保護中: テレワーク、オンライン会議…発言しない人は「存在しない人」と見なされてしまうかも

多くの会社で否応無しに導入されたテレワーク、オンライン会議の結果、これからの働き方に大きな変化が起ころうとしていると思われます。beforeコロナなら出社・出席するだけでよかった会社や会議で求められる態度が変わり、具体的な発言をしていかなければ存在感がなく印象が悪くなってしまう可能性もあります。今回はそういったwithコロナ、afterコロナ時代の働き方についてお話しできればと思います。
アウトプット

保護中: え、プログラマーなのに小説書いてるの?趣味と本業の相乗効果がすごい

本記事では「小説を書いていた経験がプログラマー業務でも役立った」という経験から「全く関係ないようなことでも続けていれば、本業とシナジー(相乗効果)を起こすことがある」ということについてお話しできればと思います。 私は、趣味で結構長い間小説を書いていました。本業でコードを書いている中で「小説を書いていることが役に立ってるな」と思うことがいくつかありました。小説とプログラミングというのは、一見すると何の接点もないように思いますよね。それどころか「文系と理系、真逆の作業じゃない?」と感じる方もいるかもしれません。 ただ、一見すると何の関係もないことでも、業務の役に立たせようと思えば立つのです。プログラミングは、結構どんな特技や趣味とでも掛け合わせることができて相乗効果が狙えるものじゃないかなと思います。今回はそのことについて詳しくご紹介していきたいと思います。序盤は小説の話で少し退屈に思えるかもしれませんが、最後までお読みいただけると嬉しいです。
キャリア

保護中: 意外と知られていない職業「データコンバート」ってどんな仕事?

システムを動かすのに必須と言っていいほど重要な「データ」。「データ」に関する職業と言えば、データサイエンティスト、データアナリストなどがありますよね。今回紹介する「データコンバート」。流行りの職業と並べてみましたが、AIとも関係なく、もっと泥臭いお仕事です。ちなみに、雑食系エンジニアサロン内で「データコンバート」で検索してみたら0件でした。IT業界の方と話しても「データコンバート」についてはまず話題に出ないので、この機会にどんな仕事なのか、またこの仕事の旨みと辛さ(つらさ)についても紹介します。ぜひ皆さん「こんな仕事もあるんだ〜へぇ〜」ぐらいのキモチで読み流していただけたらと思います。
テレワーク

保護中: 本当は怖い眼精疲労!その肩こり、◯◯筋をほぐすだけで改善できるかも?

コロナウイルスの影響を受け、多くの人が在宅勤務に切り替わりました。私は日中はサラリーマンで事務をしているので、コロナウィルスが拡大する前は片道1時間かけて満員電車で通勤していました。2月中旬からリモートワークになり完全に家の中にこもって仕事をしています。事務職でもあることから、オフィス勤務のときも仕事はほぼPCでした。とはいえ、対面のミーティングがあったり、気晴らしにオフィスの外を散歩できたりと気晴らしすることでリフレッシュできていましたが、在宅勤務に切り替わってからは長時間のミーティングもPCです。 このような生活を続けていると、次第に眼精疲労に悩まされるようになりました。この記事では私が在宅勤務により悩まされた眼精疲労をどのようにして改善したか、とっておきの方法を皆さんにお伝えします。目の疲れ悩んでいる方は是非参考にしていただき、ぜひ仕事の効率を上げてくださいね。
タイトルとURLをコピーしました