就職活動

キャリア

保護中: 【インタビュー前編】アパレル店員からWeb系自社×受託開発企業への合格ポートフォリオって?

雑食系エンジニアサロン内には、各々が作成した「ポートフォリオ」を勝又さんや他のサロンメンバーに公開できるチャンネルがあり、現職のエンジニアや勝又さんから「ここはもっとこうしたほうがいい」などの意見をいただける場となっています。 今回は、アパレル店員の「Matto」さんがWeb系自社×受託開発企業(フルスタック)に転職成功されたポートフォリオについてお聞きしました。
キャリア

保護中: 【インタビュー】大学事務正社員が、Web系自社/受託開発企業に転職成功したポートフォリオって?(後編)

雑食系エンジニアサロンには、現在エンジニアとして活躍している方々に加えて、Web系エンジニアに転職するため、プログラミングを学習している方々も多くいらっしゃいます。 Web系企業へ転職するにあたっては、自分のスキルを証明するために「ポートフォリオ」を作成します。「ポートフォリオ」とは、自分が学んだ言語や知識を元に、自分自身だけで作り上げたWebサービスのことです。 この「ポートフォリオ」を転職志望先企業に見てもらい、自分のスキルがどの程度であるのか、またプログラミングへの熱意をわかっていただいた上で、伸びしろがある、または職務に差し支えないレベルであると判断された場合に内定をいただけるという流れです。 雑食系エンジニアサロン内には、各々が作成した「ポートフォリオ」を勝又さんや他のサロンメンバーに公開できるチャンネルがあり、現職のエンジニアや勝又さんから「ここはもっとこうしたほうがいい」などの意見をいただける場となっています。 今回は、大学(事務正社員)の「たく」さんが、Web系自社/受託開発企業(フロントエンドエンジニア)に転職成功されたポートフォリオについてお聞きしました。こちらは後編です
キャリア

保護中: 【インタビュー】大学事務正社員が、Web系自社/受託開発企業に転職成功したポートフォリオって?(前編)

雑食系エンジニアサロンには、現在エンジニアとして活躍している方々に加えて、Web系エンジニアに転職するため、プログラミングを学習している方々も多くいらっしゃいます。 Web系企業へ転職するにあたっては、自分のスキルを証明するために「ポートフォリオ」を作成します。「ポートフォリオ」とは、自分が学んだ言語や知識を元に、自分自身だけで作り上げたWebサービスのことです。 この「ポートフォリオ」を転職志望先企業に見てもらい、自分のスキルがどの程度であるのか、またプログラミングへの熱意をわかっていただいた上で、伸びしろがある、または職務に差し支えないレベルであると判断された場合に内定をいただけるという流れです。 雑食系エンジニアサロン内には、各々が作成した「ポートフォリオ」を勝又さんや他のサロンメンバーに公開できるチャンネルがあり、現職のエンジニアや勝又さんから「ここはもっとこうしたほうがいい」などの意見をいただける場となっています。 今回は、大学(事務正社員)の「たく」さんが、Web系自社/受託開発企業(フロントエンドエンジニア)に転職成功されたポートフォリオについてお聞きしました。
キャリア

保護中: プログラミング未経験者が RPA案件からエンジニアのキャリアを始める事は得策なのか?

昨今よく聞かれるようになってきたRPA案件。私の勤める会社でもここ最近で当初5名ほどだったRPAチームメンバーが50名を超えるまでに成長。プログラミング未経験者がRPA案件からエンジニアのキャリアを始めるのは得策なのかどうなのか、RPA案件に携わってきた私の実体験から正直にお話します。
学び

保護中: あなたは大丈夫?面接や会社でやりがちな恥ずかしすぎる言い間違い3選

仕事をする際、また就職・転職活動をする際には「緊張するコミュニケーション」は避けられないもの。 そんな場面で、「正しくない言葉づかい」のせいで自分の評価を下げたくはないですよね。 そこで本記事では、学生時代から1000冊以上本を読み、現在「選書ブロガー」としても活動する僕が「間違えやすい、ややこしい言葉」を厳選して3つ紹介します!
キャリア

保護中: エンジニアにコミュ力は必要ない!?もったいないエンジニアにならないために

今回は、実在する「周囲の人から首を傾げられてしまうエンジニア」の例を参考に、せっかくの努力を水の泡にしてしまわず次に繋げていけるような頑張り方についてお話ししたいと思います。彼自身、癖はあるけれど悪い人ではなく、常々彼をみてもったいないなと思っているので、特にこれからエンジニアを目指している方に向けて、エンジニアとしてこういう風に頑張っていったらいいんじゃないかなと思うことをお話ししていきます。
キャリア

保護中: SIerで働く私が語る!意外?SIer企業って実際こんな感じ

雑食系エンジニアサロンに入って、転職なり、就職を目指している人の多くは自社開発企業のエンジニアを目指しているかと思います。私もプログラミングスクールに通っている時は自社開発企業のエンジニアしか目指さないというスタンスだった1人です。しかし、今はSIerでエンジニアをしています。それも自身の強みを生かすことができると納得してSIerを選択しました。今回は、SIerを知ってもらうためにもSIerに対して持たれているイメージや実際のところどうなのかについて実体験に基づいてお話ししていきたいと思います。
キャリア

プログラミングスクールを卒業した38歳未経験はあれからどうなったのか

今回は、昨年38歳で3ヶ月プログラミングスクールに通い、その後出版系企業で開発ディレクターとして働くことになった私の「プログラミングスクール、その後」についてお話ししたいと思います。 エンジニアという職業に注目が集まっている今、さまざまなバックグラウンドの方がエンジニアを目指してプログラミングスクールに通ったり、独学でプログラミングを学んでいるかと思います。しかし、エンジニアとしてのキャリアがなく未経験で就職した人がその後、実際にどのような仕事をしているか、どのような生活をしているのかはあまり知られていないのではないかと思います。 もちろん私は企業に属している身ですので、会社の機密事項に関わるような詳しいことはあまりお話しできないのですが、ざっくりとどのようなことをしていて、どのようなスタンスで仕事に臨んでいるか、未経験ならではの壁をどのように越えようとしているかをお話しできればと思います。今、プログラミングを勉強していて、今後未経験からエンジニアの世界に飛び込んで行こうと考えている方の何らかの参考になれば幸いです。
キャリア

インターンを考えている学生必読!SIerのインターン内容を暴露します

今日はSIerの弊社に学生インターンが入ってきたので、そのインターン内容についてお話しできればと思います。プログラミングの勉強を始めて、将来エンジニアを目指す若者の中にはやはり実際の仕事現場で働いてみたいと考えている人も多いと思います。これは私も同感で、やはり実際のプロジェクトに関わってみて得られる学びは大きいと思っています。ですが、弊社にインターンに来た学生さんをみていると少し心配になってしまいます。今回は、インターン先を選ぶときに気をつけるポイントを弊社の例からご紹介できればと思います。現在プログラミング勉強中の学生さんで、これからインターンをしてみようかと考えている人の何らかの参考になれば幸いです。
キャリア

【体験談】SIerから自社開発企業への転職、本当に大事なことって…?(後編)

現在自社開発企業でエンジニアをしているばやです。今回は自分が経験した、SIerからWeb系自社開発企業への転職の詳細を公開いたします。少しでもSIerからWeb系自社開発企業への転職を目指している方の参考になればと思います。
私が転職をしている時に「もっとこうしておけばよかった…!」と思ったことをお伝えしたいと思います。前編では、私のスキルセットと、かなり効率的な転職活動についてお話しています。今回は後編の記事となりますが、前編の記事と合わせて読まれることをオススメします。SIerからWeb系自社開発企業への転職を考え始めた頃の話からポートフォリオのために勉強した言語についてもお話しています。まず何をすればいいかわからないという方はぜひ前編後編続けてお読みください。
タイトルとURLをコピーしました