設計書

アウトプット

保護中: え、プログラマーなのに小説書いてるの?趣味と本業の相乗効果がすごい

本記事では「小説を書いていた経験がプログラマー業務でも役立った」という経験から「全く関係ないようなことでも続けていれば、本業とシナジー(相乗効果)を起こすことがある」ということについてお話しできればと思います。 私は、趣味で結構長い間小説を書いていました。本業でコードを書いている中で「小説を書いていることが役に立ってるな」と思うことがいくつかありました。小説とプログラミングというのは、一見すると何の接点もないように思いますよね。それどころか「文系と理系、真逆の作業じゃない?」と感じる方もいるかもしれません。 ただ、一見すると何の関係もないことでも、業務の役に立たせようと思えば立つのです。プログラミングは、結構どんな特技や趣味とでも掛け合わせることができて相乗効果が狙えるものじゃないかなと思います。今回はそのことについて詳しくご紹介していきたいと思います。序盤は小説の話で少し退屈に思えるかもしれませんが、最後までお読みいただけると嬉しいです。
タイトルとURLをコピーしました